2019年11月30日土曜日

明日から師走、特大入荷!




こんばんは!

サダです。

土曜日、沢山のご来店ありがとうございました!


明日から12月、今年も
残すところ1ヶ月。


月日が立つのがほんとに早く感じます。

僕の中では、
まだ10月くらいの気持ちです。
こっから追いついていきます。



めちゃめちゃ忘年会とか
したいです。



えー、
かなり脱線しましたが
予想よりも多く洋服が動いたので
ブログ分以外にも
かなりの物量を品出ししていきます。


もちろん、
今夜のBlog分で準備しておいたアイテムも
週末にふさわしい豪華な内容なので
どうぞ、最後までご覧下さい。




▽▽▽
























【Paul Smith ナイロン ステンカラーコート】



イギリスを代表するデザイナー、
ポールスミス。


シワナイロンのステンカラー


タイトなシルエットのイメージが強い
ポールスミスですが、
コチラはMサイズでも
モード感の強いゆったりとしたデザイン。


肩幅をあえて広めに設定する事で
肩を大きく落とすデザイン。


肩から裾までは直線でストンと綺麗に落ち、
幅広い身幅で全身を包み込むシルエット。


一見何の変哲のないコート、
しかし羽織った時に計算された
全体のバランス感にサイジング虜になるでしょう。






























【Old Burberrys 
シングルトレンチコート "SINEMUS"】

90s

England製Burberrys

バーバリーのタグの下に
”SINEMUS”のタグ

調べても詳細不明ですが、
当時のショップの別注でしょう。

トレンチとステンカラーコートの
中間的デザイン

サイズ感は実寸36程度

この小柄な方でもジャストで着れるサイズ
このサイズで
程度の良いバーバリーはまぁ見つからない。

かつ、
このサイズでこのロングレングス!

別注品ならではの着丈の長さだと思います。
珍品バーバリー

そうそう出会えないと思うので
お早めにどうぞ!




















 








【Old Burberrys 
ステンカラーコート "Harrods"】

80s

イギリス最大の老舗高級百貨店のハロッズ別注の
イングランド製バーバリーの
ステンカラーコート。


英国王室御用達、英国を代表するブランド
バーバリーと

英国を代表する高級百貨店の別注品
物の良さは間違いない。


デザインは
定番のステンカラーコートをベースに、
身体を包み込むラグランスリーブに
インにしっかりと着込めるよう余裕を持たせた身幅。


ゆったりと着れるのに絶妙に裾に向かって広がる
Aラインのシルエットで、すっきりと。


大事に長く着続けたい一着。
















▽▽▽




【フーデット フェイクファーコート】

80s

最近なにかと話題な
エコファーってやつですね。
並毛で縦のラインになったツヤツヤしいファー

こういうツヤ感も
フェイクファーならでは。


この手のファーコートで
フード付き
コレもけっこう出ないやつ


もちろん、ばっちり暖かい
モコモココート◎























▽▽▽











【オルテガ柄 ショールカラージャケット】


総柄パターンのJKT


渋めの色彩によるオルテガ調のデザイン。



コーデュロイの太めのパイピングがされており、

グラデーションになった
総柄の雰囲気も良いです◎


フロントはトグル

古い年代のスモーキングJKTの
サンプリングでしょう。

めちゃめちゃ良い感じ!
















【80s ペイズリー キルティングフーデットコート】



80s


嬉しいラグランスリーブ。



ラグランによる丸みを帯びたシルエットと

キルトのふんわりした素材感も良いバランス。


フードのアクリルボアも相まって

そうとうクセのあるデザイン。


まず、人とかぶるはずがないであろう

キルティングコート。

着たもの勝ちなアイテムでもあるけど、

こういうの着こなせたら
かなりイケてます。


















▽▽▽


”Various  Double−Breasted JKT”




80s

ウールに20%ポリのポリエステル混紡

毛足の長い生地で
マスタード

















80s

ウールの千鳥格子

千鳥柄にうっすら走るブルーのラインに
センスを感じます◎


普通に洒落てます。
こういうのインに挟んでも、一枚でも
良いでしょう。
















80s

この手のダブルジャケット
特にないのが短丈!


当時のディスコシーン、
ニューウェーブ・ロックのノリ

今見るとかなりモードです。
フレアパンツと合わせてもいかがでしょう?











▽▽▽





60s

フィッシャーマンセーター

この時代のセーター
生地の詰まり具合が全くと言っていいほどに
違う。

編みの凸凹もすごくしっかりして
触ると現行品のセーターとの違いに驚くでしょう。


なぜかこの時代のセーターは
ほとんどチクチクしなくて、チクチクが苦手な僕にも
ちょうど良い。













Lacoste コットンケーブル

古年代ではないですが、
コットンニットなのでコチラも
チクチク無し。

コートのインに仕込んでも
このカラーなら差別化できるでしょう。

赤、力強い。













80s

ジャガード織りのカーディガン
グッドデザイン◎










以上のご紹介となりますが、
土曜日しっかりとアイテムが動いたので
店頭にて掲載分以外も沢山追加しています!


ご来店の際はお見逃し無く◎



明日も休日、12時からのオープンです。
皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしています!


HAIGHT & ASHBURY
----------------------------------------------------
Twitter,Instagramにてアイテム、スタイリングご紹介しています。
Follow me!

Twitter @haight_tokyo
Instagram @haight_tokyo

----------------------------------------------------
通販や商品に関するお問い合わせはお電話またはメールにて承っております。
ご希望のお客様は必ずコチラをご一読ください。

Tel 03-5453-4690
E-Mail haight.info@gmail.com
----------------------------------------------------
Web http://haightandashbury.com


HAIGHT & ASHBURY